メルヒェン考察

メルヒェン考察

曲順について。

上が通常の曲順。


初回のジャケ絵順で、時計回りだと
女将→火刑→硝子→磔刑→薔薇→古井戸→伯爵

通常のジャケ絵順で、時計回りだと
女将→火刑→硝子→古井戸→薔薇→磔刑→伯爵

そして七つの大罪で、硝子の内容は【嫉妬】なのにマークは『蠍(本来は色欲のマーク)』、伯爵の内容は【色欲】なのにマークは『蛇(本来は嫉妬のマーク)』だから逆


以上を踏まえて曲順を入れ替えて並べたらRomanっぽくなりましたよっと!
既出です。わたしが気づいたわけではないです。
クロニカ学習帳のメルヒェン考察掲示板で見ましたー
私の頭の整理です。

最後の「僕達は、巡り続ける」っていうのがイヴェールの台詞に聞こえて仕方がない…


そしてさらに!!
右側の曲は歴史上の人物が童話の元ネタだったり実際の戦争があった曲=真実を含む曲で
左側の曲は完全に虚構(創作物語)曲で
つまりRomanで『嘘をついていた』のはオルたんでは…って説を見かけてうぉぉおおってなりました!!
ブックレットにも『すべてが虚構であるとは限らない』って言ってましたしね!
あーもうすげーなー(^q^

name
email
url
comment